大工として手に職をつける

なぜ建設業界の人材不足か

LINEで送る

建設に携わる人材を増やす

人材を採用しても数年と経たないうちに辞めてしまう。それは建設業者で管理職を行っている人の悩みの種の一つではないでしょうか。採用するならば優秀な人の方が良いでしょう。しかし少子化でそもそも若い人が少ない。そして流行りの業界や若い人に人気の業界に、人が流れて行ってしまうのも原因の一つです。衣食住の中に入るほど建設業は生活する上で大切です。しかし業者がどのようなことをしているのか、どんな職種があるのかなどを、詳しく知っている人は少ないでしょう。業界の認知度。それが人材を集めるためのキーポイントです。職種で代表的なのが大工やとび職でしょう。その職種の管理職を育成するために、様々な取り組みがなされています。1つは大手企業による教育の取り組みです。技術職教育施設を建て、大工やとびなどの仕事を教えます。図面を作成するCADソフトの使い方を教える企業もあります。そして外部から職長OBを招いて講師を行ってもらい、技術の伝承を行います。次に専門の建設業者の団体による取り組みです。高校や大学に講師を派遣し技術の伝承を行います。体験作業を含める場合もあります。例えば鉄筋作業などです。体験を入職前に行うことで、人材となる人のミスマッチを防ぐ効果が期待できます。

 

↑PAGE TOP